2007年07月22日

チャレンジランドって?

@チャレンジランドって?

進研ゼミの小学生向け講座では小学1年生から6年生まで、それぞれのレベルに合った教材がそろってい まんねんわ。

それもやろかり細かく用意されとるようや。

ワイが思うにはホームページを見るに、ボウズ向けではなく、親向けに様々な情報提供しとるようやね。

小学生が通信教育を学校の勉強以外に行うのはちーとばかし・・・と思うかもしれまへん。

せやけどダンさん、目的が中高一貫校への進学であるとするならば、これらは避けては通れへんトコや。

基礎的な読み書きから作文・表現能力を早くから身に付けるちうことや。

更に考える力、 ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要は自立的に問題を認識して解決方法を探り、実際に行動するちうパターンを小学生から学ぶのでっしゃろ。

通常、お受験やらなんやらといってお受験専門の通学スクールにでも行くのが常でっしゃろが、通信教育でここまでやるとなるとやろかりのものやね。

進研ゼミの小学講座としてのネットでの会員専用サービスが「チャレンジランド」や。中学講座のチャレンジネット、高校講座のマナビジョンに当たるものでっしゃろ。

チャレンジランドはアニメーションを様々使いボウズ向けのホームページとしてはちょうどええのではおまへんかと思うで。

ボウズの有害となるサイトを見るくらいなら、進研ゼミのチャレンジランドを見とった方がボウズにとってよっぽど健全でっしゃろから。

http://charenngeland.modestynet.com

http://challengeland.sblo.jp/

http://kiyope1972.blog114.fc2.com/

http://kiyope1972.jugem.jp

http://blog.goo.ne.jp/kiyope1972/

http://blog.livedoor.jp/kiyope1972/

A進研ゼミ小学講座紹介

5人にひとり…小学生に最も利用されとる自宅学習教材や。

1969年、高校生向けの通信教育講座「通信教育セミナ」が開講し、小学生向けに「進研ゼミ小学講座」が生まれたのが1980年。開講以来、「チャレンジ」の愛称とともに全国の小学生のやる気をひきだす教材として親しまれてきたんや。

2006年4月現在、国内はもちろん、アチラも合わせて161万人の小学生が利用してい まんねんわ。これは小学生の約5人にひとりの割合に相当しまんねん。
小学生に最も利用されとる自宅学習教材、それが「進研ゼミ小学講座」や。

ようけの人が利用していては差が付やろかいちう考え方もあるんやが、スタンダードな商品ちうものは最も質がよいちうことでもあり、人格形成してゆく大切な時期においてはあまり冒険せずスタンダードな教材を選ぶべきではおまへんかと個人的には思うで。

月々3000〜5000円で毎月のテキスト、担任制の赤ペン先生による添削課題のほか、学年・時期に応じた多彩な教材が届きまんねん。
結構オモロイ付録が付いてくるので添削付き教材としてこの値段はお得やのではおまへんかと思うで。
チャレンジランドをフルに楽しめまんねんしね。

5年生、6年生の高学年になりよったら塾を検討するとしても4年生までは進研ゼミ小学講座+チャレンジランドで十分やのではおまへんかと思うで。

Bチャレンジ精神や

チャレンジランド  
  公園 遊園地 やらなんやらやらなんやら いろいろ想像しまんねんね。
何とよくよく調べてみると、それは ボウズ(小・中学)向けの家庭学習教室やね。

ベネッセちう会社が開いとる 進研ゼミやね。
きょうびは、我が家はボウズが大きくなり、あまり関係なくなり。気にしなくなったんや。

お金がかかりそうだちうことは、わかるんやけど---?
その進研ゼミ チャレンジランドとは、

小学(1年〜6年)中学(1〜3年)と一貫した流れがあるちうわけや。内容は一連の学習の
中に、チャレンジランド独自の方法でスペシャル隊や、ゲームやらなんやらあるちうわけや。

それで 簡単な内容は下記のような構成や。

   「テキスト」
学校で習う大切な4教科のドリルや。

   「答えの本」
4年生から届くボウズ向け○付けのほんや。

   「コース別教材」
3年生から届く別冊ドリルや。

   「保護者向けの情報誌」
会員の保護者向けに作られた、教育関連、チャレンジの情報やらなんやらについての情報誌や。

   「ボウズ向けの情報誌」
身近な事についての特集を組んだボウズ向け情報誌や。

これら皆すこぶる内容の濃いものなってい まんねんわ。

ケツは、ボウズも保護者も一緒に チャレンジランド 杉川 で  心身を 

癒すことも  忘れず おこなっとるトコや。

まあ-−全体の構成は、

小中学、 各学年 専用のコンテンツで成り立ってまんねん。

ほんで、ここは チャレンジランドを受講しなくても、会員登録ができまんねん。
小学、中学のボウズはんを お持ちの お母はん、お父はんは利用されたらいかがやろか。

ボウズの学習に対する姿勢、意欲を持ち続けるようなシステムに仕上がってい まんねんわ。

Cチャレンジランド中学版はチャレンジネットや

進研ゼミの中学講座・チャレンジネットは中学講座会員なら追加料金なしでどなたはんでも利用できるサービスや。

インターネットから会員番号でログインして様々なサービスが受けられまんねん。

オノレオリジナルのページ:Myページからは毎週のスケジュールや最新アドバイスが表示されまんねん。
オノレの努力賞ポイントや次の添削問題の提出目標日やらなんやらも確認できまんねん。

また、赤ペン先生の添削指導の状況やネットからの返却答案もこのMyページから見ることができまんねん。

その他にも、学習スケジュールが自動で作成できたり、受験・進路サポートページでは入試に関する最新情報や志望高校の情報もチェックできまんねん。

また、志望高校に通っとる先輩のレポートも見ることができまんねん。

投稿コーナーやらなんやらでは全国の進研ゼミの仲間との交流も図れるのでありがたいやね。

この進研ゼミのチャレンジネット、中学講座の会員ならばどなたはんでもタダで利用できるちうことで使いまへん手は無いでっしゃろ。

むしろ、このチャレンジネットを利用するために進研ゼミの中学講座に申し込む人の方が多いのではおまへんかと思うで。小学生のチャレンジランド同様心強い味方や

Dチャレンジランド自由研究カンペキマスター

進研ゼミ小学講座が提供する「チャレンジランド」は、クイズやゲーム、勉強に関するコーナーがあふれる、小学生向けのウェブサイト。小学講座の会員ならば、毎月届けられる進研ゼミと合わせて見ることで、より楽しめるコーナーも多いちうわけや。「小学生クイズバトル」のコーナーでは、高得点を取るとランキングに記録されるちうわけや。また、インターネットのことをねちっこく知りたい時は、「教えて!なるほど!インターネット」のコーナーが役に立つ。

ほんで、もっともっともっともっともっともっともっともっともっと夏休みを楽しんでもらおうちうことからオープンした、期間限定の「夏休みランド」では、「自由研究カンペキマスター」のコーナーが用意されとるちうわけや。どないな研究をやったらええか迷っとる子どもたちに、「実験しよう」「調べよう」「観察しよう」「工作・料理をしよう」の4つに分けて、オモロイ研究が紹介されとるちうわけや。
「実験しよう」では、塩水でコップの中のタマゴが浮く実験や、ムラサキキャベツで作った色水が変身する実験の進め方が分かるちうわけや。「調べよう」では、町の中のゴミ調査や、大日本帝国全国のお祭り調査を行う際のポイントを解説。「観察しよう」では、洗濯物の乾き方や川の流れ方やらなんやら、身の回りで観察してみたら、オモロイことを紹介。ほんで、「工作・料理をしよう」では、クルクルごまのような工作や、フルーツ・クリームパフェといった料理の作り方を教えてくれるちうわけや。

また、夏休みの残りが少ない時は、日数インデックスがあるので、「1日でできる」ものから「2週間でできる」ものまで、かかる日数から、やりたい実験を探すことができるちうわけや。
posted by taka at 00:18| Comment(28) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。